修理に関する事

縁石にぶつけないで駐車するコツ

アルミホイールをこすってしまったことのある初心者や、ペーパードライバーの人に、「車を運転する時に何が一番
恐いと思うか?」という質問をしてみたところ、多かった答えは「路上駐車をすることになったら、またホイールを
こすってしまいそうで左に寄せて停めるのが苦手」とか、「狭い道で対向車とすれ違った時にうまくかわせる自信がない」と
いうものでした。

確かに、邪魔にならないようになるべく道路の端に寄りたい時に、縁石の存在はプレッシャーとなります。実際、私も2回ほど
免許を取ったばかりの頃に、愛車の左前タイヤのアルミホイールを路上駐車の際にぶつけ、泣く泣く修理に出したと言う
苦い思い出があります。

では、これをどうやって克服するのか?という問題ですが、自分の経験から言うと、左のサイドミラーを少し下向きに調整し
路面の状態が良く見えるようにしました。これだけでも左側がずいぶん見やすくなり、車幅間隔がつかめるようになりました。
縁石にぶつけないで駐車するコツは、落ち着いて、良く見て駐車する事だと言えそうです。

関連コラム

ご希望の方はこちらから

お近くの店舗を探す

アルミホイール修理「全国の匠」はアルミホイール修理の施工店を日本全国に展開しております。下のボタンよりお近くの店舗をお探し頂けますので、修理をご希望の方はクリックして下さい。各店舗のページには電話番号が記載されていますので、そのままお申込み頂けます。

ホイールリペア店舗を探す