DIYに関する事

傷の種類に応じて使い分けるアルミホイールの修理

アルミホイールの修理に関しては傷の種類に応じて自分で行う方法と業者に依頼する方法を使い分ける事が出来ます。

まず、アルミホイールに浅い傷がついた場合には簡単な工程で修理が可能であるため、比較的容易に自分で行う事が出来ます。
この場合、業者に依頼するよりも安く済ませることが可能です。その大まかな方法は傷の部分をサンドペーパーで削り、アルミパテで
埋め、再度サンドペーパーをかけて表面を滑らかにするというものです。最近ではホームセンターなどで、アルミホイールに出来た
小さな傷を修理する道具をそろえる事が出来るようです。

次に、アルミホイールに比較的深い傷や変形がある場合には複雑な工程となるため、専門の業者へ依頼することがもっとも安全な
方法といえます。技術のしっかりした業者に依頼すればパッと見た目にはキズがあった事が分らないくらいに仕上げる事が可能です。
アルミホイール修理の専門店ホイールリペアなら、新たに購入する場合と比べると数分の1の費用で綺麗致します。

アルミホイールの傷は軽視されがちですが、傷や変形をそのままにしておくと他のパーツや走行状態へ悪影響を及ぼします。
傷が出来てしまいましたら、出来るだけすみやかにその種類に応じて適切な修理を行う事をお勧め致します。

関連コラム

ご希望の方はこちらから