DIYに関する事

エポキシ接着剤を使用したアルミホイール修理

アルミホイールの傷を修理する方法にはいくつかありますが、初心者が作業する場合には2液性のエポキシ接着剤(樹脂)で
修理する方法がお勧めです。ただし、アルミホイールの傷の部分があまりにも大きい場合には、専門店での修理をお勧め
致します。エポキシ接着剤は扱いが難しいので、ある程度、知識や技術がないと上手に施工するのは難しいと思います。

まず、エポキシ接着剤もいろいろな種類が販売されていますが、エポキシパテとかエポキシ粘土と呼ばれるもので粘土状に
なったものがあります。そして基剤と硬化剤の2種類をよく練り合わせてからアルミホイールの傷の部分に盛り、しっかりと
乾燥させてからヤスリやサンドペーパーで仕上げをします。そして、傷の部分が平らになったら塗装をして修理が完了します。

小さなキズを目立たなくするだけならシールタイプの簡単な物も販売されています。アルミホイールの欠けた部分が大きい
場合でも、その欠けた部分が残っている状態なら液状の2液性エポキシで接着する方法で修理することも可能です。
エポキシ接着剤を使用したアルミホイール修理は難度が高いです。もしも失敗してしまいましたら、専門店にご相談下さい。

関連コラム

ご希望の方はこちらから

お近くの店舗を探す

アルミホイール修理「全国の匠」はアルミホイール修理の施工店を日本全国に展開しております。下のボタンよりお近くの店舗をお探し頂けますので、修理をご希望の方はクリックして下さい。各店舗のページには電話番号が記載されていますので、そのままお申込み頂けます。

ホイールリペア店舗を探す